ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

社長ブログ

  • 最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

G-XTH プロジェクト―プラットホーム

カテゴリ : 
メッセージ
執筆 : 
千頭元 2008-1-14 11:40

Generation Xth(ジェネレーション エクス)のプラットホームを決定するにあたり

私達Team Muramasa(チームムラマサ)が独立する際に、最初に掲げたユーザーに安心してソフトを購入して頂ける企業になるという事と、ユーザーの意見に対応可能で、透明性の高い情報提供を出来る企業であるという事を可能に出来る媒体を考えました。

また特に重要な問題として資金の少なさがあります。満足な資金がない状態でソフトを開発してユーザーの皆様に満足頂ける、プラットホームの選択に悩みました。

自社による直接販売

  • インターネットの普及と宅配サービスの整備により、従来の流通を使用せずに販売が可能になった事で、中間マージンを大幅に抑えることが出来ます。その実現により低開発費の実現と商品単価を5,000円程度に抑えることが出来ます。
  • 無いに越したことはありませんが、バグ等の不具合に対しても、対応が可能なことや希望のアバター等を追加出来ることなども私達にとって大きな魅力です。

安心して遊べるゲーム

日頃から7,000円近いお金を支払ってからでないと、自分にあったソフトなのか確認出来ない状況が私達は不満でした。やはり商品はユーザーが触って納得をして頂いてから購入するものと考えます。

コンシューマー機では高額の為に出来なかった体験版の配布を、PCソフトの場合ダウンロードによる配布をする事が出来ますので、面白いと思って頂ける方だけに販売を行える所が魅力ではないでしょうか。

低価格、低資金、サポート力の利点を総合的に考えPCソフトが、現状の私達に適切であると判断し選択致しました。

Twitterボタン

フォロー・ミー・オン・ツイッター
弊社社長千頭のつぶやき
エクスペリエンス オンラインショップ
エクスペリエンス直営オンラインショップ

協力会社バナー

映画・TV等の小道具制作,特殊造形のことなら株式会社LINK FACTORY
株式会社LINK FACTORY
アニメ・ゲーム・マンガ専門求人サイト ラクジョブ
アニメ・ゲーム・マンガ業界専門求人

ページの終端です。ページの先頭に戻る